コマンドラインで指定時間待つ ms_wait.exe

2018/11/15 掲載

このプログラムについて

ms_wait.exe は、引数で指定されたミリ秒待って終了するだけの Windows コマンドライン用実行ファイルです。

何らかの事情でバッチファイルや Classic ASP 等でミリ秒単位で時間待ちをしたい場合で、

に利用できます。

待ち時間の誤差は、ms_wait.exe を短い時間に複数回実行した時 ( = exe がディスクキャッシュにあるとき) で、30 ms に 収まる程度と思われます。

コンソールへは何も出力しません。

ダウンロード

ms_wait.zip (30KB)

使用方法

ms_wait.exe にコマンドライン引数数値を与えて実行すると、引数ミリ秒だけ待って終了します。

REM 555 ms 待つ .bat
ms_wait.exe 555
' 555 ms 待つ .asp
CreateObject("WScript.Shell").Run "d:\bin\ms_wait.exe 555", 1, true

引数無しで実行した場合、500 ミリ秒 (0.5 秒) 待って終了します。

引数がマイナスの場合は、0 を与えたのと同じ動作をします。

ライセンス LICENSE

パブリックドメイン PUBLIC DOMAIN

ソースコード (.cpp)

// sleep windows cmd app

#include <windows.h>

int main(int argc, char* argv[])
{
	int a = 500;
	if (argc >= 2) a = atoi(argv[1]);
	Sleep(a > 0 ? a : 0);
	return 0;
}